放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

ワンランク上の療育をお求めのお子様に経験豊富なプロフェッショナルがお子様へ質の高い療育を提供いたします。

発達障害のお子さんの
放課後児童デイサービス・ルーチェ

子供達が安心・安全な社会生活を
おくれるように
確かな「療育」で
サポートします。

歩くこと。座ること。髪をすくこと。食事をすること。
その一つひとつの動作、立ち居振る舞いを、できうればしなやかで麗しさをも漂わせる姿を目指す。
それは、発達障害の女の子にとっては、きわめて困難な試練です。

それぞれ個性を持つ子どもたちに、一様の接し方では伝わりません。
ありきたりの言葉では学習にはなりません。
お子さん一人一人を観察し、洞察し、考え、試行錯誤しながら、その子に合ったことばとやり方を探りだし、
子どもたちの成長を個別対応に手助けしていきます。
そして、「少しがんばること」をちょっとずつ身につけてもらうのです。
少女からレディに近づけるように。
「かわいい」から、「きれい」と言われるように。
そして身だしなみを意識した性教育を行っていきます

LUCEが選ばれる理由

療育において、望みうる高いクオリティを維持するためにLuce(ルーチェ)の指導員は、
社会福祉士、教員、介護福祉士、作業療法士の有資格者で構成されています。
お子様のより良い療育のために常に質の高い療育を志し、
外部研修も積極的に取り入れ学び続けています保護者のみなさんも安心して預けられると高評価をいただいています。

信頼できる専門家との連携がある。

Luce(ルーチェ)の指導員は、社会福祉士、教員、保育士等の有資格者で構成。お子様や保護者様のためになる情報を下して行きたいと考えています。そのため、専門家との連携を積極的に行っており、小児科の医師、作業療法士、オプトメトリスト、言語聴覚士など業界のエキスパートの先生方と連携を取り、研修を行い

お子様のより良い療育のために常に学び続けています。

保護者様に必要な情報を発信。

私たちが問題の一つとしてとらえているのが、知的に遅れがないとされてしまっているボーダーや自閉症スペクトラムと言われるお子様です。彼らは、学校生活や社会生活において様々な問題を抱えているにもかかわらず、なんらサポートがないことです。しかも、本人だけでなく、その親や周囲の人たちも大きな悩みをかかえています。思春期以降、親御様もどうしていいか判らず、二次的なトラブルになるケースも少なくありません。幼いうちだけでなく長期的な支援が必要となってきます。

そこでLuceではお子様への支援はもちろん、保護者様への教育や生活・自立に関するおしゃべり会や専門家のセミナー、情報発信などのサポートを行っています。保護者様にお子さんへの理解、支援の輪を社会に広げる為の活動として講座の参加をお願いしております。社会に守ってもらうお子さんにするにはまず保護者様がお子さんに向き合い正しく理解し、積極的に取り組む事が必要となります。

初めての方へ
Luce(ルーチェ)は、療育を目的とした「放課後等デイサービス」です。行政委託事業として、(株)Splendore(スプレンドーレ)の運営により、発達障害の子どもたちを対象とした療育支援をしています。More>>
ご利用の流れ
大切なお子様を預かることになります。ご納得いただけるまでお話をさせていただきます。
合わせて新しくて充実した施設も、ご見学ください。さらに魅力をご体感いただけます。More>>
クラス・カリキュラム
Luceが得意とするのは軽度発達障害の女の子が社会に出る為の身だしなみ療育です。フラダンス/HIPHOP/発声/バレエ(姿勢)/ウォーキングなど。。More>>

おしゃべり会・勉強会
「こどもが障害を持っている」それだけで全てを楽しめなくなっていませんか?忙しい現代社会において、特に子育ての多くのパートを担う母親が、この重責を背負い続けるのは大変なこと。More>>
施設紹介・アクセス
2013年8月に完成したばかりの、キレイな療育施設です。伸び伸びとできるだけでなく、くつろげる広々とした空間。まるでレジャーホテルか、サロンのような室内装飾。More>>
メッセージ
発達障害の子どもたちは、一般的に男の子が多いと言われています。しかし、発達障害の女の子には、スポットが当てられることが少ないのが現実です。社会から求められるスキルは、発達障害の女の子と男の子では違います。More>>
MOVIE
TWITTER
FACEBOOK
LINK
  • OTセッション
  • 運営会社:Splendore
  • 代表ブログ
  • スタッフブログ

ページの先頭へ